いったいどんな方法が?可能な選択肢を集めよう!

自然な方法で誰にも知られにくい薬の治療

薄毛に悩む人の対策として、かつてはかつらが良く使われていました。かつらのいいところは、完成すれば瞬時に悩みを解消できます。しかし急に変化するので自然ではありません。手入れなどもあり、人に知られる可能性があります。誰にも知られず、さらに自然な方法はないかですが、薬の利用を考えてみましょう。飲み薬と塗り薬を利用する方法があり、どちらも効果は段階的になります。つまり飲んだら急に生える、塗ったらすぐに生えてくるわけではありません。病院に行くとしても1箇月に一度処方してもらう程度ですし、塗り薬なら市販のものでも効果が期待できるものがあります。薬を使うと効果が持続しますが、薬をやめると効果が薄くなる可能性があります。

前頭部や頭頂部に全くなく後頭部などにあるとき

薄毛の状態にもいろいろあり、まばらでも髪の毛がそれなりに生えている時と、全く生えていない状態の時があります。毛根によって状態は異なりますが、まばらに残っているならその周辺で薬による復活が可能かもしれません。しかし全く生えていないとなると薬でも復活が難しいです。もし後頭部や側頭部に髪の毛が残っているなら、残っている部分から薄い部分に自毛を植毛する方法があります。男性ホルモンの影響を受けやすい毛根と受けにくい毛根があるようで、後頭部の毛根は受けにくいとされています。それを薄くなった前頭部に植毛すれば、定着後に生えてくる可能性があります。植毛手術になるので、それなりに手術痕が残りますが、生えてくればわからなくなります。